Category[ アクア ] - Aquarium+α
FC2ブログ

【AQUA】ベタ水槽グレードアップ

2019年02月09日 03:27

うちのベタ水槽は15×15×20のベアタンクだったのですが
ちょっと思う事があり、今回グレードアップしてみました。

ベタの新居はGEXの・・・スリムの・・・ヤツですww
(幅17cmのキッチンカウンターに置く為)
2019020803.jpg

フィルターはコトブキのプロフィットの小さいヤツ。
盧材は、園芸用の鉢底石の小粒。
2019020804.jpg

ちなみに底床はSpringWater(湧水の砂)ってヤツで
角が丸くて良い感じのヤツですw

ベタってメコン川原産って事ですが、メコン川ってphが
6.2~6.5の弱酸性らしい事がwikipediaに書いてあったので
盧材はPHのソフトを使っていたのですが、どうも元気が
足りない気がしてまして・・・。調べてみたら、原種と改良品種を
同じ枠で考える事がナンセンス。弱酸性下では色飛びするし
調子を崩す事が多いから、弱アルカリで飼育し、更には
汽水よりも薄めに塩を入れると尚良いらしい。

って事で、弱アルカリと言えば金魚飼育で実績のある
鉢底石(花崗岩)。元祖多孔質って事もあり、コスパは最高の
盧材として、以前から使用しています。

実際に使用を開始して、ヒレの縁の黒色が濃く戻って来ています。
また、よく泳ぐ様になりました。これは単純に水槽が広くなったから
ってだけかも知れませんが、ヒーター付近で休んでいる事が少なく
なりました。
ある程度の水質悪化に強い事から、小さな容器でも飼育が出来る
などと言われていますが、それは「可能」というだけの話で、それが
「望ましい」訳ではないですからねぇ。
やっぱり広い水槽で悠々と泳ぐ姿に癒されます。
スポンサーサイト

【AQUA】 外部フィルターの排水

2018年05月02日 22:29

ちは。

プリステラしか居ないコリ水槽に、先日やっとコリドラスを
迎え入れました。

ステルバイ 2匹
アークアタス 1匹

写真撮ることは撮ったのですが、ブレブレだったので、また
今度。

さて、案の定、水面に油膜が出て来たんです。
それから、30cmキューブにEURO_EX60の排水は若干強い
気もしていたのでその辺も含めて対策打ってみました。

2018050201.jpg

外部フィルターの排水を外掛けフィルターに直結して、外掛け
から水を落とす事で油膜も洗濯機も解消です。

使用したのはGEXのスリムフィルターM。これにTetraのパイプを
切って繋げて・・・
2018050202.jpg
こんな感じです。
ちなみに、今のところは外掛けは空っぽですが、時と場合により
好きな盧材を入れたら良いと思います。

実はこのネタは、以前淡水をやっていた事に実績がある手段で
今回も迷わず実施しました。サーフェススキマーを取り付けて
水槽内がゴタゴタするよりもシンプルで良い手だと思います。

【AQUA】 機材選び

2018年03月20日 16:49

ちわ。

先日お迎えしたベタは順調で、近づくとエサをせがんで来る
様になった。
いや・・・威嚇されてるだけなのかなww

しかし、Blogを書く様になるとデジタル一眼の出番が増えます。
オートフォーカスだと微妙な部分にフォーカスを合わせたがる
ので、マニュアルフォーカスで魚を追うのですが、ダメダメです。
2018032001.jpg

2018032002.jpg

今日は雨で、お外で遊べないので、瑞穂のジョイフルホンダまで
足を伸ばして来ました。何しに・・・って、ドライブがてら水槽見にw

いやね、カミさんから「コリドラスやらないの?」と言われてまして。
引越しの際に淡水用品は処分してしまったので、また一から揃える
必要があって。

とは言え、まぁホームセンターなので、アクア用品に関しては目新しい
発見は無し。
流木のバリエーションは多かったのが意外でした。

それにしても、淡水のシステムはフィルターで迷っています。
外部フィルターを使う事までは決めているのですが、そしてTetraの
ヤツを使おうと思っているのですが・・・
AX-60とVX-60で迷っています。
スペックや使い勝手ではAX-60でも全然良いのですが、Tetraの
AXシリーズと言えば、当Blogでもお馴染みの・・・

水漏れwww

AX-60 水漏れ

でググると、結構漏れてるっぽいですね。仕様なのかな?

昔、EURO EX-75って外部フィルターを使っていたのですが、これは
良かったので、現行モデルのVX-60にしておくのが無難なのかな?
と思っています。
VXは水中モーターじゃないってのもポイント高いです。

さて、どうしようかねぇ。

【AQUA】 ベタ

2018年03月10日 00:41

ちわ。
ベタ水槽を立ち上げ始めてから約2週間、遂にベタをお迎え
しましたよ・・・っと。

いやね、いざ飼おうと思って調べると、これがまた奥深くて
飼育が簡単だからという理由だけで飼うのは勿体無いです。

ベタを飼っている皆さん、もっとベタについて調べてみようよ。

ちなみにうちの子ですが・・・
スーパーデルタのマスタードガス(というらしい)
2018030906.jpg
何それ?と思ったのなら、googleに一歩踏み込んでみよう(笑

ほんで、うちの飼育環境ですが、特別な物ではありません。
普通の外掛け式フィルターとヒーターが入っているだけです。
ちなみに、コトブキのPro Fit Filter X1 です。
ただ、濾材構成が純正とは異なり・・・
2018030901.jpg
給水部から濾過槽に流れる部分にウールマットを仕込み
濾過槽にはPHのSOFTを。これは単純に生物濾過と弱酸性を
狙っての事。

表は得意の鉢底ネットチューン。
2018030902.jpg

フィルターはこんな感じで、様子を見ながら必要に応じて
試行錯誤して行こうと思います。

で、早速試行錯誤って訳じゃないけど、フィルター自体の
問題ではなく、フィルターからの水流でベタが流されると
いう問題があるんですね。
ベタって元々、池とか沼とか流れの無い所に住んでいる魚で
流れに弱いのですが、一般的なベタは改良品種でヒレを大きく
された事で、更に流れに弱くなったんですよ。

うちの水槽でも、何もしなければ水流に流される感じだったので

硬質塩ビ板を
2018030903.jpg
この様に切り出し・・・

2018030904.jpg
この様に設置して

2018030905.jpg
フィルターからの落水を緩和しています。
ベタが流される様子は全くありませんので、これは成功と
言えるのではないかと思います。

そもそもベタにフィルターは必要か?って話ですよね。
新水を好む魚であれば毎日換水すれば良いのでしょうが
ベタは流れの無い場所を好む魚という事は新水というより
安定した水質を好むのではないかと思うのです。
ただ、自然界の止水と、たかだか2.5リットル水槽の止水とは
訳が違うって話で、水槽で止水とか、水の劣化がヤバそうな
気がしたので、水流を緩和する措置を施してまで、濾過は
した方が良いというのが僕の考えです。

とは言え、改良品種を飼育するのに、原種をベースに考える
のは、ちょっと危険ですかね。

【AQUA】 こっちもちゃんとしないとね。

2014年02月08日 00:50

いやいや。久しぶりです。

先日寝ている間に、うちのカクレクマノミくんが水槽から床にダイブ
しちゃったらしく、朝起きたらお亡くなりになられておりました。

海水始めた初期、ショップで言うSSサイズの頃から4年弱掛けて
Lサイズ程まで成長させた個体なだけに、かなりショックでした。

1匹だけ残されたカクレクマノミが可哀想だったので、3匹追加して
4匹になった海水水槽は、なんだか賑やかになったのを切欠に
水草すら入っていない、ただ魚を飼育しているだけみたいになった
淡水水槽もオサレにしようと思った次第です。

相変わらず分かりづらいと思いますが、淡水ネタです(笑

どうせならばろ過システムから見直そうって事で、過去の実績から
底面フィルターを導入しました。

が・・・

普通、底面フィルターと言えば、すのこ的な物の上に底床を敷いて
水を吸わせるのもですが、僕の過去の実績ってのは『底面吹き上げ』
です。要は、底面フィルターにパワーヘッドの排水を繋ぎ、底床から
水が吹き上がって来るってヤツです。

とりあえず水槽スペックですが
水槽
 Do!aqua グラスキューブ 30*30*30
メインフィルター
 水作エイトブリッジS+PowerHouse Soft S
底面フィルター
 ニッソー・ボトムフィルター+GEX・デュアルクリーン600用PH
底床
 SpringWater(湧水の砂)

底床のSpringWaterは角が無く、大磯より目が細かく田砂より大きい
米粒大の明るめの色合いで、コリドラスを多数飼育していた頃から愛用
しています。砂利派の方にはかなりお勧めです。

今回は底面フィルターを仕様するという事で、底床を厚めにしたので
どうせなら何か水草をと思っており、せっかく買い物するなら生体も・・・
と、なんだかんだでG.H.D.G(Golden.Honey.Dwarf.Gourami)
ゴールデンハニードワーフグラミーを2匹を購入しまして。
2014020703.jpg

2014020702.jpg

水草は得意のアヌビアス・ナナを流木に活着させ、植栽としては
バリスネリア・スピラリス(ニラみたいなヤツ)を植えてみた。
G.H.D.G.が臆病な種類なだけあって、背の高い水草を入れて
あげたのは正解でした。

2014020701.jpg

ほんで、こんな感じに。
もう少し石のレイアウトをどうにかして、枝状の流木を追加して
みようかと思う今日この頃ですが、何をするにしても淡水は楽で
良いです。

とは言え、生体導入は相変わらず緊張します。昔は真面目に
塩水浴でトリートメントをしていたのですが、最近はサテライトで
楽々水合わせで済ませてしまっています。

とりあえず導入期でうちの水質に馴染んでくれれば良いのですが
こればっかりは魚に聞いてみないと。

そうそう。
肝心な底面吹き上げですが、沈下性の餌の沈むスピードが遅い
というか、ちょっとした無重力感というか、餌がふわふわと水中を
漂うので、魚たちも楽に捕食出来る様です。
どうしても、底面フィルターが入っていない部分に餌が落ちますが
それはタイガープレコが食べてくれるので、食べ残しは殆ど無い
様に見えます。

ちなみに、底面から吹き上げられる浮遊物は水作エイトブリッジが
吸ってくれますが、これが弱い様だったらメインフィルターの強化を
しようと目論んでおります。

【AQUA】こちらも追加!シルバーチップ

2011年12月28日 00:49

さて・・・海水水槽の新入り達よりも数時間早く、淡水水槽にも
新入りが来ました。

シルバーチップです。ヨロピク。
2011122705.jpg
って、写真撮りずら・・・。

って事で、エスペイ、ヘテロがメインの様な写真になっちゃって
ますが、ちょっとフォーカスがズレながらも辛うじて写ってます。

10匹投入。
過密気味ではありますが、賑やかになりました。

うちの長男的には、グリーンネオンが欲しかった様ですが
サクッと却下しました。
グリーンネオンよりも、アフリカランプアイの方が好き。

淡水は当分、これで行きます。
いや、もしかしたら水草入れるかもですが・・・多分長続きしないと
思われます。

ま、乞うご期待って事で。

では、次回は観葉植物編ですよ!

淡水は・・・

2011年12月26日 09:47

2011122602.jpg

さて・・・連投。

まぁ【Marine】の追伸的な記述でも良さそうなネタではありますが・・・

一応、過去ログでは、バリスネリアやらハイグロを植えた事は分かりますが
その後アクアテラリウムに憧れ着手するも、圧倒的な水量不足に気づき、辞退。

その後は、適当にアヌビアス・ナナを流木に活着させている現状です。

先の記事でも書きましたが、うちの水槽に生体を増やさない理由の一つでも
あったスマトラが落ちました。厄介者とは言ったものの、それこそ稚魚とも言える
サイズの頃から4年も掛けて立派に育てた個体が落ちるのは、ちょっと悲しいです。

なので、淡水魚の中でも、僕が最も好きな魚であるラスボラを飼う事にしたのですが
結局エスペイとヘテロモルファをチョイス。本当はエスペイだけにしたかったのですが
エスペイ在庫不足にて・・・。

購入当時は色が薄かったのですが、今ではメタリックオレンジに色づいた個体が
増えてきています。
うん、良い兆候だ。

淡水水槽は、実はメンテらしいメンテは余り行っておりません。と言うのも、現在は
Do!aqua 30CUBEに、GEXの簡単らくらくLサイズ。
PHのSOFTを満載し、物理ろ過として目の細かいストレーナースポンジ仕様。
流量が落ちたらストレーナースポンジを交換する程度の運用で、3ヶ月以上換水なし。
足し水のみで無問題です。
レイアウト変更したり・・・しなければ、基本的に換水しませんし(笑

ただ・・・たまにですが、pHだけは測定しています。
ま、変動はありませんが。
と書きますが、これって結構凄い事ですよね。
濾過が進めば、濾過の最終形態である硝酸塩が蓄積され、理論的にはpHは下がる
傾向が見られるかと思いますが、給餌に気を使っている訳でもないのに、pHは変動
しないんですよ。

勿論コケも発生しておりません。
まぁ、こちらは太陽光を完全にシャットアウトしているというのも一因しているかと
思いますが・・・。

と言う様に、淡水水槽はとても手間要らずな水槽になりました。
長年の経験が実を結んだのか・・・
あれこれ手を加えず、程々にしているのが良いのか・・・

そんな淡水水槽の住人は
・ラスボラ・エスペイ×3
・ラスボラ・ヘテロモルファ×3
・プリステラ×3
・Co.カネイ×2
・Co.レウコメラス(パンク)×2
・Co.シュワルツィ×2
・Co.レティキュラートゥス×1
・タイガープレコ×1
・カラーサザエイシマキガイ×

な感じです。

【AQUA】 水草たちのその後・・・

2010年10月26日 11:02

どーも。
今日は寒いらしいですね。それとは関係ありませんが、髪が伸びてきたので
切りたいのですが、どんな髪型にしようか決められず・・・な感じです。
大胆に行くか・・・
繊細に行くか・・・

さて、先日投入した水草たちですが、最近バリスネリア・スピラリスが
やっと溶け始めました。と思ったら、程なくして新芽達がグングンと
育っております。
2010102601.jpg
バリスネリア種かどうかは覚えていませんが、水質に適応しようがしまいが
一度溶けるって話は本当だった様です。一度溶け、その後新芽を出して綺麗な
葉を伸ばすんだとか。

しかし、このガラスの容器からはみ出しているヤツ、ランナーと言うのでしょうか?
アヌビアス・ナナなんかはランナーって言いますが・・・。
と思って調べてみたら、親株から分かれる様に伸びる物はランナーと言うらしいです。

って事は、早速株分けでしょうかね。

と、バリスネリア・スピラリスは順調なのですが・・・

この写真でフォーカスが合っている、バリスネリアの奥のヤツ・・・
2010102602.jpg
アマゾンチドメグサです。
ボロボロですが、原因は分かっています。
LED照明を炊いて光量を上げているせいか、アマゾンチドメグサの葉の表面に
コケがつき始めたのです。なので、チョーシこいてヤマトヌマエビを10匹投入!
あろう事か、アマゾンチドメグサの葉まで食べちゃってる始末・・・。
こちらも調べてみたのですが、大好きらしいですね。まぁ、エビのエサとして
そのまま入れておきますが。

そしてコチラ。ハイグロも順調に伸びています。
こちらは成長云々ではなく、ホワイトバランス。
どちらがどちらか忘れてしまいましたが・・・
2010102603.jpg
なんとなく暖かみのある色合い。

2010102604.jpg
なんとなく冷たく、キレのある感じ。こちらの方が目視に近い色合いですが
暖かみがある方も悪くはない気がする。

しかし、うちの水槽は最近全然生体が落ちません。
プリステラの無くなった尾鰭も再生しつつあり、一安心です。

さて・・・今日はちょっと買い物があるので、サクッと出かけて来ます。
今日は小学校は6時間授業。帰りは16時過ぎなので、かなり余裕があります♪

【AQUA】 初植栽♪

2010年10月05日 22:29

こんばんわ。

最近天気が不安定というか、グズついていますね。
ストリームのエアロを塗りたいんだけど・・・塗ってる途中にポツリ・・・
なぁんて事になったらシャレになりませんねん。

そんな時は、車でお店を転々とする訳ですが、今日はちょっと目的があって
ホームセンターへ。

いやね、以前から淡水水槽に水草を入れたくて入れたくて。
かなり、とあるアクアリストさんの水槽を見た時、バリスネリアの綺麗さ
優雅さに感銘を受けまして、僕もいつかはバリスネリアをと思っていた訳。

ただ、うちの淡水水槽はコリドラスメイン。底床は薄めにしておきたいので
何か適当な容器を鉢にしてソイルを敷いて、そこに水草を植えようと思って
いたのですが、先日やっとその適当な容器が見つかったんです。

そしてこうなりました。
2010100501.jpg
植えた水草は
バリスネリア・スピラリス
アマゾンチドメグサ
ハイグロフィラ・ロサエネルビス(だと思う)
です。

植えた容器はガラスの5cm程度の物。それを隠す為に石を入れたり・・・。
元々入れていた流木には、アヌビアス・ナナとミクロソリウム・ナローリーフ。

なんだかそれっぽくなって来た。

【AQUA】 トラブルは続きます・・・。

2010年04月22日 15:59

こんにちわ。

先日のミニロト。カミさんが3等が当たったとの事で、今日は
昼から川越のぽんぽこ停で特上うな重を頂いて参りました。
僕が行く、「一流」と名の付く唯一のお店。他の一流飲食店など
行けた柄ではありませんから。

このお店の良い所は、"堅苦しくない細やかな気遣い"とでも
言いましょうか?本当にお客を大切にしているんだな・・・と
いうのが伝わって来ます。そして、それこそが平日の昼間から
混む理由でもあるのだろうと思います。

土用の丑の日なんて、凄いですから。


先ほどカクレクマノミの白点病の記事を書きましたが、今度は
金魚水槽でトラブル発生です。
2010042204.jpg
①丹頂が転覆しております。
②プレコストムスが、その丹頂を舐めてます。

丹頂は、昨日までは大丈夫だったのですが、今朝の朝食後から転覆です。
良く見ると、おなかがやたらと膨らんでいる気がします。丸物だとか
そーゆうレベルでは無い気がします。

元気も無いし・・・。
転覆は流石に手の付けようが無いので、もう時間の問題かな・・・。
せっかくここまでデカくなったのに。万に一つの回復に僅かな希望を
抱きつつ、覚悟を決めておきます。

で・・・こまったチャン。
2010042205.jpg
オイタはメメよ!って事で、隔離しました。
さっきまでベランダに転がっていた、洗浄済みアクア用品乾燥ザルを
サササッと洗って、キスゴムで貼り付けただけの、立派な隔離BOX。
2010042206.jpg
そしてそれをあざ笑うかの様に悠々自適に泳ぐ金魚たち。

丹頂が力尽きた時、多分プレコのエサになってしまうので、プレコは
当分このままかな。おとなしくしていれば格好いいのに・・・。

しかし、現実問題として、丹頂が落ちれば金魚たちは他の水槽への
人事異動も可能になる訳です。

30cmを金魚にして・・・
30cmキューブを淡水熱帯魚にして・・・
60cmを、オーバーフローを待たずに海水・・・
にするべきか否か。外部フィルターのみで60cm海水を上手く回せる気が
しません。
つーか、メンテナンス性とエアレーション等を考慮すれば、2階建て
上部フィルターで回した方が絶対に良い気がします。
やってみようかな。
30cmキューブから60cmオーバーフローへの引っ越し
60cm規格水槽から60cmオーバーフローへの引っ越し
労働力としては後者の方が大変でしょうが、60cmオーバーフローへ移行後の
安定性を考慮すれば、絶対に60cm規格水槽からの引っ越しの方が良いに
決まってる。

うん、絶対そうだ。
そうしよう。