Archives[ 2009年02月 ] - Aquarium+α
FC2ブログ

あんた誰??

2009年02月28日 00:32

今日の埼玉は珍しく雪。午前中から夕方まで降りましたが
積もる事はありませんでした。18年間雪国で育った僕としては
かなり物足りない雪。たまにはドカッと降ってガツンと積もって
欲しいもんです。

さて・・・予定通り本日は60cm金魚水槽の半換水の日。
って事で、朝から張り切っていた小生でありますが・・・。
換水作業は滞りなく進んだのですが、その途中不気味な
黒い影・・・。

2009022701.jpg
こちらは普通のヤマトヌマエビなのですが・・・


2009022702.jpg

これ・・・何??
うちではエビはヤマトヌマエビしか飼育していないハズなのですが
そこには見たことも無い黒いエビが!!!


2009022703.jpg
並んだ所をパチリ。
普通のヤマトヌマエビが小さめって事もあるのですが、この黒いエビは
やたらデカい。購入した時にデカいのが2匹居たけど・・・多分その
片割れと思われます。ちなみに、もう1匹のデカいのは既に荼毘に付されて
おり、確認は出来ません。

黒っていうか、濃い緑っぽい感じですが、コレ、ヤマトヌマエビなのでしょうか?
ご存じの方・・・この疑問を晴らして下さい。

さて・・・今日はフィルターを開けてみました。
汚れっぷりは・・・まぁまぁですかね。P-1フィルターとて完璧な物理濾過な
訳ではない訳ですし、P-1フィルターをすり抜けてきたと思われるゴミを
エーハイムの粗目パッドが捕獲しておりました。ただ・・・以前よりは汚れて
いないのは事実。
それとは全然関係無いのですが、サブフィルターの濾材を、リング濾材から
Tetraのバイオボールに変更しました。一箱分入れて、若干スペースに
余裕があるので、エーハイム粗目パッドを1枚投入。当分はこれで行きます。


スポンサーサイト

バブルストッパー廃止

2009年02月26日 21:05

先日あーでもない、こーでもないと試行錯誤して作成した
エアレーション用バブルストッパーですが・・・意外な所に
盲点があり、撤去する事になりました。

その盲点とは・・・
2009022603.jpg
外掛けフィルター。
これの中でブクブクすれば、泡の飛散は無いしバクテリアの
繁殖も促される訳で、一石二鳥ではないか!と。
過去に上部フィルターの濾過槽に大磯を入れて、その中で
エアレーションをしていた事をすっかり忘れておりました(笑

って事で、機材が一つ減り、水槽が少しだけスッキリしました。


で・・・CO2が出なくなったので、発酵床を交換する訳ですが・・・
待てど暮らせどCO2が出て来ない。原因はペットボトルのキャップの
破損でした。圧力がかかる部分であり、亀裂が入ってしまった事で
そこからCO2が漏洩していた様です。
2009022604.jpg
で、これが改良版。酒瓶です♪
キャップはアルミなので、多分避ける事は無いとは思いますが
経過を注視します。


ドリルを使うついでと思い、こんな物まで作ってみました。
2009022601.jpg
GEXの水温計ですが、青だし、小さくてシンプルなところが
好きなのですが、キスゴムで固定するタイプなので、真っ直ぐに
水槽に貼り付けるのが難しいんですよね。

で、例によって縁なし水槽用のガラスふた受け。
これに、水温計と同じ直径の穴をあけます。4.9mmっぽい。
「っぽい」ってのは、ノギスで測定したら4.8mmだと思って
4.8mmのドリルの刃を使ったのですが・・・キツキツ。
無理矢理ネジ込もうと頑張った挙げ句、水温計をちょっと
折ってしまいました。まぁ検温に関係なところだったし
使用にも支障が無い所だったので、そのまま使う事に
しました。水温計が折れた事で、その断面がギザギザに
なって、懲りもせずにフタ受けにねじ込んでみたら・・・
そのギザギザがフタ受けを上手い具合に削りながら
すんなり入ってくれました。しかもピッタリ♪
不幸中の幸いです。


2009022602.jpg
取り付けた様子はこんな感じ。なかなか良い感じかも♪

そんなこんなもあり、昨夜は寝付けずにベッドの中で最後に
時計を見た時は4時。8時起床で眠かった事もあり、うとうとと
昼寝をこいてしまい、結局予定していた金魚水槽のメンテは
行っておりません。
明日やりま~す。

今日のアクア

2009年02月26日 00:12

こんばんわ。些かお久しぶりです。

先日家を片づけていたら、100Wのハロゲンランプとソケットが
出てきたんですよ。それを1セット会社に持ってって、会社で
使っているクリップライトに組み込んでみたら・・・凄く明るい♪
これは、家にあるハロゲンを水槽に使うしかないと思ったのですが
気になるのは電気代。

って事で、電気料金の算出方法を調べた訳ですが・・・どうせなら
今うちで動いている水槽の電気料金は幾ら掛かっているのかを
算出してみました。つっても、エクセルに計算式を入れて、各器具の
消費電力を入力しただけの物ですが・・・。

ちなみに、計算式は・・・
器具の消費電力×稼働時間×ブレーカー容量÷1000
で算出できます。
ブレーカー容量は電気料金の明細書に記載してあり、うちは30Aでした。
下表のEURO EX75を例に算出してみると・・・
11[W]×24[時間]×30[A]÷1000=7.92円/日

2009022501.gif
各器具に掛かる電気代を算出したのが上の表です(クリックすると大きくなります)。
※ヒーターは実稼働時間が分からない事から、ヒーターに掛かる電気代は
 省いています。
水槽4本で月額1500円未満とは・・・意外に掛かってないんですね。
皆様もご自身の水槽の電気料金を計算してみては如何でしょうか?

ちなみに・・・100Wのハロゲンを12H運用したとすると、日額36円。
月額1116円だそうです。100Wだと12Hも商社する必要がないだろうから
もう少し安く運用出来るかも。たぶんやります(笑


話は変わりますが・・・
CO2を撤去した熱帯魚水槽のミクロソリウムが成長しております。
2009022502.jpg
これは3日前の状態。緑が濃い部分が、新たに成長している部分


2009022503.jpg
そして本日。
他の株も成長しているのですが、この株の成長が凄く早い。
食害に遭う事もなく、今後もすくすくと成長して欲しいものです。
って事で、この水槽・・・CO2撤去は問題なしと判断します。


今日は面白い写真が撮れました。写り込みが激しいですが・・・
2009022504.jpg
いつもは物陰に佇んでいるプレコです、今日はちょっと様子が
違いました。そんな人目に付く所に・・・。


2009022505.jpg
テッペン取ったつもりでしょうか?
最近になって、今までよりも少しだけ人前に出てくる様になりました。

が、熱帯魚水槽のタイガープレコは全く出てきませんね。
居るんだか居ないんだか・・・って感じですが、毎日の点呼の時には
流木のトンネルの中に隠れています。
熱帯魚水槽にはスドーのピュアオレンジを使用しています。そして今日
熱帯魚水槽の半リセットというか、底砂を全洗いしたのですが・・・
その時に底が黒い水槽へ避難させたら、体の色がいつもより濃く出ていて
格好良かったです。こちらも達者に暮らしている様ですが、せっかく格好良い
んだから、もっと出てきて欲しいもんですね。

明日は(つーか今日か)は、金魚水槽の半換水の日。
P-1フィルター設置後、初の外部フィルター開封にココロオドル感じです♪

20cmキューブ見直し

2009年02月22日 03:06

ちょっと早い気もしますが・・・まぁ大きな変化を与える訳では
ないので、まいっか♪ってな感じの20cmキューブ水槽です。

何って・・・

先日30cm熱帯魚水槽で作成したサーフェーススキマーを
20cmキューブ水槽にも導入しようって事で、まずはフィルターを
変更する事を決心しました。
使うのは、先日チラッと触れたGEXの簡単らくらくe~フィルターS。
遂に給水パイプを切ってしまったのですが、まだリカバリー可能
なので、OKとします(笑

2009022101.jpg
例によって作成過程の写真を撮影するのを忘れていたので、完成形
から簡単な作成方法でも書いておきます。


2009022102.jpg
①まずは簡単らくらくe~フィルターの給水パイプに取り付けてあるエルボは
 Tetraのシャワーパイプに付属していた物です。ジャストサイズなのか結構
 キツいので、気合いでねじこみます。
②外径9mmのT字ジョイントを加工。
 ②-1給水パイプのエルボ側
 給水パイプのエルボに接続する部分に9mm/12mmのホースを被せます。
 これでジョイントの外径が約12mmになりますが、これではまだゆるゆる
 だったのでNG。ジョイントとホースの間に適当な厚みのある物を挟む様に
 して、外径を調整します。
 
 ②-2ストレーナー側
 ストレーナーはGEXの上部フィルター用の物。これの内径は13mmなので
 ジョイントに9mm/12mmのホースを被せて外径約12mmにする。更にその
 上から内径12mm外径13mm(このストレーナーに使うパイプ)を被せる事で
 ジャストフィット。

 ②-3クラウン(サーフェーススキマー側)
 クラウンは例によってTetraのストレーナーの網々じゃない方を使います。
 ジョイントの凸凹をヤスリで削って大体フラットにして、9mm/12mmのパイプに
 挿す。これでもしっかり固定されますが、このストレーナーは外径12mmにも
 外径16mmにも対応しており、隙間があいてしまうので、その隙間を埋める
 為に、12mm/16mmのホースを被せて隙間を埋める。これにクラウンを取り
 付ければ概ね完成です・・・が、やはり水位とクラウンの高さの微調整が
 必要になりますので、とても面倒です。

あとは各パーツを組み立てて完成になります。


2009022103.jpg
暗い写真で申し訳ありませんが、設置しました。濾材はさっきまで使用していた
フラットフィルターからそのまま引き継いだスドーのスティック濾材。しかしそれでは
足りないので、同じ物を適量追加しました。それだけでも濾過能力UPです♪

気になるサーフェーススキマーの効果ですが、やっぱり最高です。
油膜がアッという間になくなりましたが、こちらは水位調整がシビアな様で、頻繁に
足し水しないと(水位が下がると)フィルターがエアを吸ってしまう様です。
夏場にファンを回したらどうなるんだろ・・・。ちょっと怖い(笑

で・・・ついでなので、30cm熱帯魚水槽から、CO2ディフューザーを移設しました。
水草を育てる為の水槽なので、CO2は添加した方が良いだろう・・・って事で。
折角なのでボンベでCO2を供給したいのですが、なんせ先立つ物がありませんで。
ところで・・・
バレングラス?
パレングラス?
どっちが正解??
まぁうちのはカウンター付きなのでディフューザーとしていますが・・・。


2009022104.jpg
そんな、CO2を撤去された30cm熱帯魚水槽の住人・・・
こんな事になっていました。余りの可愛さにパチリ♪

今日も良い仕事をしたのですが、今日は自家製梅酒ではなくコーヒーで。
明日から夜勤。朝まで徹夜して朝から夕方まで寝なきゃ・・・なので?いや
朝まで起きてなきゃなので、酒は禁物です(笑

サーフェーススキマー完成♪

2009年02月21日 00:15

いやいや・・・。
やっと長男が風邪から復活して、今日から登校して行きました。
って事は、待ちに待った僕一人の家♪

って事で、小一時間ホームセンターでしゃがみ込み、持参した
緑色やら黒い部品と・・・
2009022003.jpg
この部品を照らし合わせてあーでもない、こーでもない・・・と。


2009022004.jpg
そして完成したのが、コレ♪
先日から悪戦苦闘しているサーフェーススキマーです( ̄ー ̄)v
今回のレシピは・・・
・GEX 簡単らくらくe~フィルターのストレーナー
・エデニックシェルトのゴムエルボー(市販されてます)
・エーハイムのパイプ(9/13)
・内径9mmホース用のT字ジョイント
・Tetraのストレーナーのパイプ側(網々じゃない方)

加工①
ホースジョイントの一番外側の出っ張ってる部分を切って
長さを短くします。そしてボコボコをヤスリで削って大体フラットに
する事で、内径9mmのパイプにピッタリ入ります。

加工②
Tetraのストレーナーには3本の溝が切ってあります。その溝から
水を導入しますが、溝が細すぎてイケてませんので、溝を広げます。
僕はカッターでやりましたが、慣れているので問題なし。何でヤるかは
クリエーター次第。

そしてこれらを上の写真の様に組み立てる訳です。勿論
各パイプの長さはご自身の水槽に合わせた長さにして頂く必要が
ありますが(って、これが一番面倒臭い(笑))
パイプカッター、ダイソーに売ってますよ♪


2009022001.jpg
全体図はこんな感じ。
ステキ♪パワーキャニスター・ミニの給水パイプと同じエーハイムの
パイプを使用した事で、凄くスマートに思えるのは、僕だけでしょうか?
まぁ少なくとも、先日の試作一号機よりは遙かにイケてる・・・よね?


2009022002.jpg
ストレーナー改め「クラウン」は、こんな感じ。ナイスですね~♪


2009022006.jpg
そして水面の状態。稼働を開始して6時間ほど経過した水槽です。
その間にエサも与えているし、いつもなら既に油膜が発生している
のですが、サーフェーススキマーを稼働してからは、油膜は無し!
水草やら底砂が白く曇っていない・・・。
ちなみに、やっぱり浮上性のエサはフィルターが食べてしまいます。
なので、給餌の時間はクラウンにフタをした方が良さそうですね。


2009022005.jpg
水槽に手を入れたついでに、レイアウトを少し変更してみました。
外掛けのモーターが気になりますね(汗

20cmキューブ??
勿論、油膜出てますよ??
エデニックシェルトのエルボーが1個しかなかったので、今日は何も
していませんが、その内水平展開します。

今日は良い仕事をしたし、自家製梅酒で労ねぎらおうと思います。

ヒマ・・・。

2009年02月19日 23:33

タイトルが「ヒマ・・・」なくせにカテゴリーが「アクア」なのも
どうかと思いつつペンを取ったミズ吉です。

物を書くには書くんだけど、キーを打つのにペンを取るって

・・・
・・・・・・

しかもミズ吉に続く「(♂)」が、遂に「お酢」と変換される始末。

そうそう。右側のカラムにチャットを設置してみました。
「guest」と書かれた所に名前を書いて、その横にメッセージを
入れればOK。チャットとして成立するとは余り思っていませんが
足跡ていどの一言でも書いてって下さいな。

さて・・・
先日作成したサーフェイススキマーの変更案を思いついたとか
書きましたが、多分失敗します。そしてまたまた問題が浮上しました。
その問題ってのが、エサ。
水面の油膜をフィルターに吸わせるって事は、浮上性のエサも
吸われてしまうって事ですよね。何かフタを考えないと。
先が尖ったワインの栓とか良さそうですよね。

20cmキューブのフィルターは、ニッソーのフラットフィルターを使用して
いる訳ですが、濾材が余り入らないんですよ。これは立ち上げ当初から
思っていた事なのですが、GEXの外掛けSサイズにしようかな・・・と。
そうです。昨日の実験で使ってたやつです。

ただ・・・水槽の後ろにスペースが無い事から、横に掛けるしかないの
ですが、余りデカいのを掛けてしまうと、相当不格好ですよね・・・。
だったら小型の外部フィルターを使いますよ。勿論、自分で使ってみて
実績良好なパワーキャニスター・ミニ。
と、相当悩んでいます。
だったら最初からニッソーのセット水槽買っとけよ!って話ですよね(笑
小型水槽を管理されている方のBlogでも俳諧してみます。

2009021902.jpg
そんな20cmキューブ水槽。PC机の目の前に設置されている事で、椅子に
座ったポジションからは、この様な光景が広がります。
いや、実際は、もう少しフラットな目線かも。PCの途中でふと目を上げると
そこには水槽がある・・・。とても素晴らしいポジションです♪

2009021903.jpg
そして今日の一枚。
丹頂の肉瘤、水面から出ています(笑
たまに背びれも水面から出て、例のサメの映画を思い出させてくれます(笑

埼玉は今夜から天気が大荒れらしいです。

サーフェーススキマー凄ぇ!

2009年02月18日 22:36

こんばんわ。
またまたイカガワシイ物を作ってしまいました。
油膜がどーのこーのと言っていましたが、調べたら
サーフェーススキマーってのが良いとか・・・。

どんな物かと思ったら・・・オーバーフロー水槽の様に
水面から濾過槽(濾過器)に水を循環させれば良い。

ってことなので、早速試作一号機を作成してみました。

20090218<br />07.jpg
毎度お世話になっております、GEXの外掛けSサイズ。
再三に渡り「もう使う事は無いだろう・・・」と思いながらも
なんだかんだでつかっています。


2009021808.jpg
まずは外掛けフィルターに水面表層の水を導く為のパーツを
作成します。作成ってほどではありません。ジョイントを繋げば
良いだけの話です。


2009021809.jpg
黒いストレーナーはTetraの外部フィルターに付属していた物。
僕はGEXのストレーナーが好きなので、未使用で在庫あり(笑
こちらが水面側。
白いストレーナーはGEXの外掛けの物。過去に切り取った物を
そのまま保管していたので、どこのご家庭にもある物ではない
ですね・・・。
こちらは底側。


2009021810.jpg
それらを取り付けると・・・
こうなります。

2009021811.jpg
こうなります。
格好悪いですが、今回は見た目ではなく原理の検証なので
見た目は気にしない・・・・・・。

2009021812.jpg
で・・・これが検証前の水面の状態。
ちなみに今更ですが、うちのBlogは写真をクリックすると
大きい画像が表示されますので、そちらで確認して頂けると
よく分かると思います。
よく分からなかった方は、次の写真を見て下さい♪


2009021813.jpg
違いは歴然。このフィルターを回して3分もすれば、こうなります。
検証前にみられた白っぽい上澄みが綺麗になくなってます。

ただ・・・作ったままではダメだったのです・・・。








2009021814.jpg
ストレーナーの中にパイプが見えるでしょ?そのパイプから
フィルターへ水を導入しているのですが、このパイプの口と
水面に高低差が生じると、パイプが油膜の下の層の水を吸い
肝心の油膜は吸ってくれません。
って事で、パイプの口を斜めに切れば大丈夫かと思います。

では今回はどうしたか・・・って?
フィルター自体を、油膜を吸う位の高さに持ち上げまして・・・
それで上手く行く事が分かった次第で御座います♪

とりあえずサーフェーススキマーの原理は検証できました。
あとは同じ原理の物を、もっとスタイリッシュに作りたいですね。

ではでは、また今度。

今日のアクア

2009年02月18日 14:56

んー・・・。
今日も長男の熱が下がらず・・・まぁ昨日と同じ様に長男と
二人で家に居ます。つっても、流石に病院へは行きましたが。

今日、朝起きてから20cmキューブのプリステラにエサをあげて
いる時に気付いたのですが・・・エサ、沈んでます。
外掛けフィルターの流水も相まって、沈むのが早い気がします。
そしてプリステラが追いついていない気がします。

2009021801.jpg
ちなみに、あげているエサはヒカリクレスト・カラシン。
まぁ落ちたエサはエビちゃんが食べるので問題視していませんが
プリステラはお腹減ってないのかな?
と思う今日この頃。


2009021802.jpg
さて、60cm金魚水槽ではミクロソリウム・ウェンディロフが微妙に
成長しているっぽいです。

2009021803.jpg
そしてミクロソリウム(プテロプス)、こちらはなかなかのペースで
成長しているのですが・・・

2009021804.jpg
栄える者あれば衰退する者もあり・・・葉がボロボロのもあります。
まぁ茎さえ丈夫であれば問題ないのですが。


2009021805.jpg
そんな60cm金魚水槽の落ち着きがない人。パキスタンローチ。
久しぶりの登場ですが、元気にやっとります。
こっちの個体は体が大きく、縞模様が若干薄い感じがします。

2009021806.jpg
そしてもう1匹。こちらは体が小振りで縞模様が濃い。まぁ・・・
逆さまではありますが(笑

なんだか最近煮え切らないです。理由は分かっています。
バブルストッパーを設置した事で油膜が発生している事なのです。
泡の飛散を防ぎながら油膜を消すには・・・
何か良い案がないか模索中です。
またおかしな物を作るかも知れません(笑

休日はマッタリ・・・

2009年02月17日 21:23

さて・・・本当なら今日から仕事だったのですが、昨日から
風邪っぴきの長男の熱が下がらなく、そして育休から先週
会社に復帰したカミさんは、只今業務引き継ぎのまっただ中で
出来れば休みたくない・・・との事で、それならしょうがない(笑)と
今日は休みを貰って今日も長男と二人っきりで家に( ̄ー ̄)ニヤリ

風邪をひいているのは長男であり、僕は至って元気♪
しかしながら出かける訳にもいかず、今日は熱帯魚水槽の掃除を
しました。

2009021701.jpg
メニューとしては、フィルターを外してホース、パイプ、その他諸々洗浄。
濾材は汚れていないので放置♪
そうそう、いつか書こうと思っていたのですが、パワーキャニスターミニの
濾材バスケットを撤去したら、リング濾材の量が3倍くらい多く入る様に
なりました。って・・・いつか書いたっけ??(笑


2009021704.jpg
で、久々のスマトラ。なかなか綺麗に育っています。いつも見ているので
特段感じる事は無いのですが、購入した店で売られているスマトラを見ると
うちのは立派に成長したんだな・・・と感慨深い物がありますね(笑


2009021705.jpg
昨日迎え入れたこの人も、その2匹のお友達も元気です。
プレコほどシャイではなく、こうして目に付く所にちょこん・・・と
佇む姿もまたオトシンの可愛いところでして(笑


2009021706.jpg
こちらは室内ビオトープの20cmキューブ。そしてこちらは最初からの
住人のヤマトヌマエビですが・・・プリステラのエサが沈む頃に流木の
陰から出てきては、沈んだエサを啄んでおります。
飼い主に似てずる賢い・・・いや、要領が宜しい様で(笑


水槽の掃除が終わってから、カブトムシの幼虫のケースを開けて
みました。しかし全然成長していないし、腐葉土を食べた形跡も無い。
去年の幼虫は、今時期は既に結構な大きさになっていたのですが
去年は室内飼育。今年は屋外飼育。この違いなのでしょうかねぇ。
イモムシの写真がお嫌いな方もいらっしゃるかと思って、写真の掲載は
控えさせて頂きます事をご了承願います。

新入り♪

2009年02月16日 21:32

さて、こんばんわ。
昨日から風邪で熱がある長男は、今日は学校を休んでしまい
僕と長男二人っきりでした。

日中には熱も落ち着き、余りにも暇だったので、気分転換って
事でかねだい所沢店へ遊びに行って来ました。

今日の僕はなかなかやる気でしたよ♪
水流が強い箇所の水草にコケが生える熱帯魚水槽、このコケを
ただの邪魔者にするのは勿体ない。エサがあるのだから、この
エサを食べるサカナを飼育しようって事で、オトシンクルスを
入れようと思っていたのです。あと、エビちゃんも少し増やそうと。

んで、買って来ましたよ♪
2009021601.jpg
オトシンくん♪相変わらずキュートな姿がたまらなく好き♪
ちなみに、3匹投入。

2009021602.jpg
そしてエビちゃん。ミナミヌマエビ10匹購入。
配分は・・・
60cm金魚水槽に5匹(計8匹)
30cm熱帯魚水槽に1匹
30cm和金水槽に3匹
20cmキューブに1匹(計2匹)
ただね・・・やたらデカいのがいたので、そのコは迷わず
20cmキューブへ。理由は特に無く・・・。
※30cm熱帯魚水槽に入れた1匹が早速飛び出して敢えなく★に。
 もうぜってー入れねぇ(ノ_・)

2009021603.jpg
20キューブに入れたデカいエビ。
4cmだってさ。
凄い存在感です(笑

2009021604.jpg
プリステラと一緒にパチリ。
明らかにプリステラよりデカいです(笑

そしてきょうの日中、20cmキューブのプリステラも1匹
飛び出しました。探しづらい所に落ちて探すのに手間取った
せいで、見つけた時には既に・・・。

今日は飛び出し事故に見舞われる、ちょっとヤな日でした。

そうそう、僕、ピクタスキャットが好きなんですよ。小型のナマズ。
それが、かねだいに居たんですよ。もうね、カワイイの。顔が(笑
ただ・・・動きが速すぎ。大きな水槽で飼ってあげないと可哀想だし
それでも暴れ回りそうなので、水草や流木なんかで障害物という
アクセントを付けてあげるのも良いかと・・・。
いや、「良いかと・・・」じゃないし。
熱帯魚水槽が30cmのうちでは飼えない代物だと思いました。
けど、いつか飼ってみたい個体です。

そうそう、ゴールデン・ハニードワーフグラミーの生体をチェックして
来ました。普通のグラミーくらいの大きさだと思っていたのですが
僕が見た(かねだいに居た)個体は小さかったです。
あれならイケるか♪

プリステラ引っ越し

2009年02月16日 00:38

20cmキューブ水槽を立ち上げて1週間が経過。
虎視眈々とチェックしていたのは水温の変動。
立ち上げの翌日から24℃~26℃を推移。そして現在は
暖房器具OFFで窓開放から3時間経過という室内ですが
水温は25℃ちょっと。

サカナを飼える水温です♪

って事で30cm熱帯魚水槽からプリステラを4匹引っ越し。
(本当は3匹の予定だったんだけど、網に2匹入った回が
あったので4匹に・・・(笑))

2009021506.jpg

2009021507.jpg

2009021508.jpg
これで硝酸塩が出てくれれば水草が・・・特にミクロソリウムが
大喜びなんでしょうね。それこそがこの室内ビオトープ(笑)の
集大成なのですが、はてさて・・・どうなる事か。

きになるバクテリアですが・・・多分まだ完全ではないんでしょうね。
とりあえず魚投入によって発生するアンモニアをエサに大繁殖して
くれると良いです。

ちなみに、サカナはもう少し追加する予定です。
ゴールデン・ハニードワーフグラミーはちょっと大きいかな?
と、ちょっと弱気になっております。

プリステラの様子を見ながら・・・と言ってはプリステラに失礼ですが
水槽の経過観察をしっかりと行いながら検討します。

油膜・・・。

2009年02月15日 19:53

エアレーションに燃えた昨今、バブルストッパーを完成させて有頂天な
管理人でありますが、新たな問題勃発でありますです。

タイトルで大体の想像は出来るかと思いますが、水面に油膜が張って
しまっちゃっています。

2009021505.jpg
写真は30cm熱帯魚水槽なのですが、この水槽は元々エアレーションは
それほど強くなかったのです。むしろ外掛けフィルターの水流で水面が
揺れている感じなのですが・・・。

油膜って初めての経験なのですが、では何故今まで大丈夫だったんだ?
って話です。バブルストッパー設置前はエアレは弱く水面が波立つ程では
無かった。バブルストッパー設置後とさほど変わっていないのに・・・。
気泡が弾ける事に意味があるのか・・・???

謎ですね。

多分原因は分からず仕舞いでしょうが、とりあえずフィルターのシャワーパイプの
向きを若干上向きにしてみようと思います。

ちなみに、先日設置した20cmキューブにも若干ではありますが油膜っぽいのが
見受けられます。こちらの対策はどうしよ・・・。

一つ上手く行けばまた問題が・・・。
この難しさ、そして対策が上手く行った時の達成感。やっぱりアクアは楽しいです♪

水草トリミング?

2009年02月15日 10:25

水草のトリミングというと、伸びた水草をカットする・・・
床屋みたいなイメージで、ナナやミクロソリウムの伸びた
部分をカットして他の水槽へ・・・なんて作業はどちらかと
言うと「株分け」という表現が適切なのか?
などと毎度阿呆らしい事ばかり考えながら、30cm水槽の
伸びた水草を綺麗(かどうかは分からないけど)にしてみました。

2009021501.jpg
トリミングした株の行き先は勿論・・・先日立ち上げた20cmキューブ
水草水槽な訳で、先日のblogにUPしましたが、なんせ深夜だし。

2009021502.jpg
って事で改めて明るい写真を掲載という事で。
養分はソイルから溶け出した分で良いのか?サカナやエサは
要らないのか?という懸念事項もありますが、とりあえずこんな感じで
少し様子を見てみます。

2009021503.jpg
そして、分けたミクロソリウムの株の中には大きく成長している葉も
あったので、そちらは金魚水槽の流木へ。

って・・・・釣り糸だとダサいですね。まぁ活着するまでの辛抱なので
特に気にしない事にします(笑

2009021504.jpg
そして幾分スッキリした30cm熱帯魚水槽の様子。サカナ達が泳ぎ回れる
スペースが出来て良かったかも。

活着系の水草ばかりを扱っているせいか、釣り糸捌きもなかなかの
ものになりましたよ。慣れていない頃は時間が掛かった割に、出来上がりは
グジャグジャだったり・・・。今では短時間でサクッと、すっきりと仕上げられる
様になりました♪

早く活着しないかな。
と逸る気持ちもありますが・・・先日の60cm金魚水槽の白濁の様に、焦りは
禁物。この「待つ事の大切さ、もどかしさ」もまたアクアリウムの醍醐味では
なかろうかとおもいます。

サカナ飼いたい・・・。

2009年02月15日 00:23

いやいや・・・今日は暖かかったですねぇ。何でも5月上旬の
陽気だとか。静岡県の静岡市では夏日だって??そして
葛西臨海公園では潮干狩りだと・・・。
車に乗ってても窓開ける様でしたもん、そりゃー海で遊びたくも
なりますわぃ。

ヒーター無しでも25℃あたりをキープしてくれないかな・・・。

そんなヒーターが入っていない20cmキューブ水槽。とりあえず
水草を増やしてみました。つっても、30cm熱帯魚水槽から
トリミングしたナナとミクロソリウムですが。

2009021401.jpg
写真が暗くて申し訳ありませんです。そして、いざ見てみると
みんな裏向いてるし。って事で、後で撮り直します。

しかし、やっぱりエビと貝だけでは寂しい20cmキューブ水槽。
水温さえクリアすれば、好きなサカナを入れられる。って事で
仮にも水草水槽を名乗っているので、ライトで水温を上げよう
かと思っています。水温の制御はファンと逆サーモ?水温が
上がりすぎるとファンを回してくれるやつ。それでイケるのでは
ないかと思ったのですが、ライトが消えたらどうすんだ?って
話ですよね(笑

実は僕、ゴールデンハニードワーフグラミーが凄く好きでして
この際ソレで行こうかな・・・と考えている次第です。

あとは適当にこの人たちに数匹引っ越して頂いて・・・。
2009021402.jpg
余裕が出来た(いや、それでも過密な)熱帯魚水槽には、また
違う魚を・・・と目論んでいる次第です。

2月号のアクアライフ、巻頭はコリドラスだった事を今日知りました。
って事でバックナンバーを発注♪
連休が明ける頃には届くと思うので、会社で読まねば(笑

天の邪鬼?

2009年02月14日 00:52

先日導入したTetra P-1フィルターの写真でも撮影しようと
思い立ったのですが・・・

2009021301.jpg
口の締まりの悪い人たちに阻まれ・・・

2009021302.jpg
Tetra P-1フィルターの砦はソレガシがお守り致す!
とばかりに立ちはだかるサムライに阻まれ・・・
諦めました(笑
いつもはカメラ構えると逃げるくせに、こんな時だけ。
って事で
2009021304.jpg
変な顔を撮ってやりました。
旦那ぁ・・・口、伸びてまっせ?(笑

いやね、金魚やプレコの糞が水槽内に落ちている
=外部フィルターへは侵入していないと思われる。
凄ぇぜ!なんて記事を書こうと思っていたのですが
そんな事は外部フィルターを開けて確かめてから
書いた方が信憑性があるだろうと今頃気付いた(笑

そんなこんなで、うちの金魚たちは今日もお気楽です。

丹頂を若干ひいき目に見ていた僕ですが、最近は
更紗琉金ショートテール(上から2枚目の写真)の
良さが分かって来た様で、またまたお気に入りです。
短い尾びれに引き立てられたプリッと丸いバディーに
クリッとしたつぶらな瞳・・・。色合いも好きだし・・・。
と、結局自分が飼育しているコ達に順位など点けら
れないって事ですね。

さて・・・2/12の話。天気が良かったので観葉植物を
ベランダに出したのですが・・・
2009021303.jpg
日差しが強かったのか、パキラが茶色くなってます。
葉に張り、弾力はなく、しんなりしちゃってます。まぁ
良い機会なので剪定してすっきりさせようと思います。

ちなみに、同じ場所に置いて同じ様に日差しを浴びた
ガジュマルとシェフレラは大丈夫です。シェフレラに
至っては新芽を出しているし・・・。
今後はパキラの日光浴には気をつけないと・・・。

60cm金魚水槽半換水

2009年02月13日 00:15

ここ最近Blogの投稿数が増しております。若干ウザがられそうな
危機感すら感じますが、その内数日に1回の投稿に戻りますので
宜しくご勘弁の程。

さて、今夜は60cm金魚水槽の半換水を行いました。少し前にも
やった気がするんだけど・・・と思って過去記事探ってみたら・・・
2/7にやってるっぽい。ちょいとサイクルが早いですが、なんとなく。

前回も書きましたが、底砂が無いのでメンテは楽々です。
排水はシュポシュポの先に取り付けたパイプでフンやら流木のカス
やらを吸い取るので、マニュアル作業が入りますが、その後の給水は
2009021208.jpg
この様に、極めてアナログな自動給水で楽々です。給水している内に
フタなどのちょっとした物を洗ったり、使い終わった物を片づけたり・・・と
流木の出し入れなどを入れても30分ちょっとで終了。
これは楽チンです。これなら気軽に換水作業が出来ますね。


ところで・・・日々のピペットですが・・・
2009021209.jpg
こんな物を使っています。
これは金魚を買い始めた当時に作成した物。ケミカルピペットを中程で
切って2つに分け、その間にアクリルパイプで延長した代物。水槽の高さ
よりも長い為、手を濡らさずに水槽に手を入れる事無くフンやら異物の
除去が可能という優れもの。
ちなみに、長さは50cm。ケミカルピペットは100円とか200円とかそんなもん。
アクリルパイプは少々値が張るかも知れませんが、これはなかなか使えます。


そして僕的に旬のネタ、水草水槽のウェンディロフのモヤモヤが、かなり綺麗に
なりました。
2009021210.jpg
若干茶色い部分があるのは気にしないって事で(笑

そしてモヤモヤ除去職人はこの人。
2009021211.jpg
水槽を独り占めで頑張っております。エサ要らずで助かります。
が・・・
キュウリを食べる様になったプレコのお陰で、プレコのタブレットが余ってます。
また、冷凍赤虫を食べる様になったパキスタンローチのお陰でコリタブが
余ってます(笑
たまには投与してみようかと思うのですが・・・。
って、ヒーター入れてコリドラスを飼えばいいのか?なんつって。
けど、もう少しで立ち上げ1週間。既にエビが生存している事から、魚を入れても
大丈夫だとは思いますが、ヒーターを入れるつもりが無い事から、入れられる
魚も限られて来ますね。水温22~24℃と低め・・・。
アカヒレ?グッピー?
ゆっくり考えます。

そうそう、今日の半換水から、何を行ったのかを自分の手でノートに記録する
事にしました。と言っても、このBlogの内容を箇条書きにする様な簡単な物で
特に特別な事を書く訳ではありませんが・・・。

とは言え、Blogの記事をカテゴライズする事と、Blog内検索で、過去ログ検索
という観点からもBlogを書いていれば問題無いとは思うのですが・・・。
①字の練習
②使っていないノートの消費
③ボケ防止
④魚たちへのピュアな愛情
どれだろ?(笑

続・エアレーション

2009年02月12日 16:36

またまたこの話題です。しつこ~い・・・とかい~わ~な~い~のっ!
最近姫ちゃんのこのフレーズが耳から離れません(笑

さて・・・本日のホームセンターでの収穫。
GEX上部フィルター用交換パイプ。ストレーナー付きでなかなか使える
アイテムな訳ですが・・・どうせならストレーナーを使ってみようと思い
いざチャレンジ。

2009021203.jpg

2009021204.jpg
家の中はこんな感じになっとりますが・・・。
嫁が留守だから出来る芸当であって・・・。
ちなみに、ランドセルは僕のではありません。きちんと机に掛けない
長男・・・血は確実に受け継がれている様です。


とりあえず作り方は前述の通りで、下側にストレーナーを設置。
エアストーンはストレーナーの中に入れる様なレイアウトにして、いざ!

2009021205.jpg
んー・・・。ストレーナーから泡が出てくるかも・・・と思いつつの実験
だったのですが・・・大きな泡は浮力が大きいからか、パイプ内を上に
向かって上がって行き、細かい泡のみストレーナーから出て来ます。
って事は、ストレーナー内からストレーナー外への水流が発生している
って事か??
って事はエアレーションにて酸素が溶存した水がきちんと水槽内へ
流出しているって事か??
だとしたら大成功だぜ!?

ちなみに、その細かい泡とは、バレングラスから出るCO2並み。
飛散を気にするに値しない相手であり、これは本当に大成功っぽいです。

で・・・ちょーしコイて20cmキューブにも水平展開をしてみました。
2009021206.jpg
白濁っぽく見えますが、これ、全て細かい気泡です。水槽全体へ行き渡って
いる感じで、効果覿面です。
まぁ・・・ストレーナーにスポンジを被せてみたい気もしますが、とりあえず
しばらくはコレで様子をみる事にします。

2009021207.jpg
って事で、今日の20cmキューブ水槽。
パキラを外に出したら直射日光を浴びてしまい、葉の色が薄くなってしまい
ました(汗

金魚のエサ

2009年02月12日 16:15

さて・・・連休6日目。
6日目ともなると、さすがに飽きて来ます(笑

そんなダラけた連休・・・息子の散らかった机の上で発見。
2009021202.jpg
アリゲーター・ガーらしい。
以前から魚や昆虫の図鑑を眺めながら絵を描いていたのは知って
いましたが・・・なかなか上達している様です。
出来れば、クラスのみんなが知っている生き物の絵を描けば良い
のにと思ったり。


さて、今日はホームセンターへ買い物に行って来ました。
目的は、30cm熱帯魚水槽への、バブルストッパー設置に向けた
買い出し。
とりあえず、GEXの上部フィルター用の交換パイプを使うので
それをキープ。

でね・・・以前から気になっていたのが、魚たちのエサ。一応毎回
違うのを買う様にしているのですが、今回から違う銘柄を混ぜて
あげてみようと思った訳です。
今回買ったのはこの2品目。
2009021201.jpg
ポリフェノール云々って方は前回と一緒なのですが・・・
モロヘイヤ云々ってのは今回が初めてです。野菜もあげた方が
宜しいかと思いまして。テレビショッピングではケールだのなんだのと
謳ってますし(笑

これらのエサを別容器に入れまして・・・
エサの量は、うちのエサボトルでキャップ2杯なのですが、今日からは
それぞれキャップ1杯ずつあげてみようと思います。

どうなんだろう???
って、まぁ食べるには食べると思いますし、見た目で何か変化するとは
思えませんが・・・。
ふんの色が変わるのかな(笑

エサって、みんなどうしてんだろ??
混泳させている方は、その魚によってエサを使い分けて入れている様
ですよね。沈むタイミングなんかも考慮されている様で、凄いなと感心
する次第です。

で・・・バブルストッパーの話は長くなるので、別記事にて後ほど。

20cmキューブ水草水槽データ

2009年02月12日 00:51

テンションが下がらない内に・・・そして忘れない内に、こちらの水槽の
データも書いておきます。

水草水槽と書きましたが、増えすぎた水草や新芽を待避させる為という
ニュアンスの水槽であり、様々な水草をコテコテにレイアウトする水槽では
ありませんので、悪しからず。

■2009/02/08
水草待避水槽立ち上げ
・水槽
 コトブキ クリスタルキューブ200

・照明
 コトブキ スカイライトフリー

・フィルター
 ニッソー フラットフィルターS+スドースティック濾材S

・底砂 
 GEX水草一番サンド
2009020901.jpg

ちなみに、気泡の飛散を嫌って、現時点ではエアレーション無し。
(バクテリアの繁殖に問題アリだろ・・・)

■2009/02/10
自作バブルストッパーを作成し、エアレーション設置。
2009021006.jpg

→写真の状態ではエア抜き穴まで気泡が到達して水が飛散する事から
・パイプを長い物に変更
・エアストーンを水作のプラストーンに変更(縮小)
というマイナーチェンジを行い、良好。

この時点ではこんな感じ。以降の変更はコメントに追記していきますので
コメントはご遠慮下さい。
ちなみに、ミクロソリウムとミクロソリウム・ウェンディロフの新芽を育成中。

■2009/02/12
バブルストッパーをマイナーチェンジ。
パイプ下側の排水パーツをストレーナーに変更。
大きな泡はパイプ内を上に流れ、小さな泡のみ
ストレーナーから出て来て、水槽内を対流。
とても良い感じです。

■2009/04/27
 コリドラス水槽へ路線変更
 フィルター:ニッソーパワーキャニスター・ミニ
 底砂:ADA フォレストサンド

■2009/05/30
コリドラス水槽を30cmキューブに変更したので、この水槽は
畳みました。今までお疲れちゃん。

30cm金魚水槽データ

2009年02月12日 00:36

例によって、うちで運転中の水槽データを備忘録的に記すこの記事。
故にコメント御免という事で一つ宜しくお願い致しまする。

事の発端は、小さなプラケで飼育していた『金魚すくいの金魚」が
殊の外大きくなってきたので、きちんとした水槽で飼育してあげよう
と意を決しました。

2008050602.jpg


■2008/10/19
2008101903.jpg
30cm和金水槽立ち上げ。
★水槽 
 GEXアクアeシーン S

★濾過
・外掛けフィルター
 GEX 簡単らくらくe~フィルター Sサイズ
・底面フィルター(吹き上げ) 
 コトブキ BOTTOM IN FILTER + GEX デュアルクリーン600SP水中モーター
 (水中モーターの排水を底面フィルターへ接続)

★底砂 
 大磯

★エアレーション
 ポンプ:GEX NEWラング GX200 N-1

2008101902.jpg
外掛け。なんだかんだで使っています(笑
この水槽とこのフィルターのセットは、僕が観賞魚飼育を開始した時に
購入したセットで、これらを見ると当時のドキドキワクワクが走馬燈の
様に・・・。


2008101901.jpg
これが力作ってほどでもないけど、底面(吹き上げ)フィルター。
効果は抜群です。

■2008/10/21
GEX 簡単らくらくeフィルターSサイズからオーバーフロー。
最初っからの懸念事項ではありましたが、やっぱりか・・・って感じ。
これって仕様なのかも知れません(笑
GEX 簡単らくらくeフィルターMに変更しその後安定。

■2008/10/23
底面吹き上げの動力を、デュアルクリーン600SPの水中モーターから
e~ROKA PF701(90cm対応)のパワーヘッドに変えてみる。ストレーナーを
取り付けずにインペラ剥き出しで回したら、竜巻発生。大磯がインペラに向かって
舞い上がる(笑
掛け値なしのパワーを実感し運用開始(笑
しかしパワーヘッドがデカくて不格好。

■2008/10/27
e~ROKAパワーヘッドからの発熱により、水温29℃まで上昇・・・。
デュアルクリーン600SPの水中モーターへ戻す。
水温は2℃低下。

とりあえずこんな感じです。外掛けフィルターにエアレーション用のアタッチメントを
取り付け、そこでエアレーションも賄っている事から、エアポンプは撤去済みです。

この水槽は1ヶ月に1度、外掛けフィルターに入れたウールマットを交換するのみ。
消耗品代 50円/月 程度です(笑

2012/01/14現在
この水槽は現在運用しておりません。


エアレーションVer.2

2009年02月11日 09:10

昨日作った「なんちゃってバブルストッパー」ですが・・・
若干のマイナーチェンジを行いました。
理由は・・・
・エアストーンとパイプ径の差が余り無かった事で、エアの
 流量を余り上げられなかった。エアの流量を上げられれば
 パイプ内の水はもっと撹拌されるのではないか?と。
・エアの流量を上げると、泡がパイプを上ってエア抜きの穴
 から飛散する。

って事で改善改善。
・エアストーンは水作のプラストーンに変更。
 これにより結構ブクブクやっても大丈夫になりましたが、やはり
 エア抜きの穴から水が飛散する。これは、エア抜きの穴が水面に
 近い事が原因・・・。
・パイプを長くし、エア抜きの穴を水面から更に高い位置にする事で
 泡がパイプを登り切れずに、結果エア抜きの穴まで泡が届かず
 水は飛散しない。
昨夜の内に上記2点のマイナーチェンジを行い就寝。


2009021101.jpg

2009021102.jpg

で、起きてから確認したのですが、水の飛散はありません。また
エビもご機嫌にツマツマしているので、とりあえず成功と言えるかも
知れません。懸念事項も特に見あたらないし・・・。

これ、あと2個作りたいんだけど・・・今度こそ材料がない(笑

そしてエアレーション(笑

2009年02月10日 17:37

さて・・・散々グダグダ能書きをタレたエアレーション。
善は急げとばかりにとりあえず作成してみました。この記事を
読んで何のこっちゃ?と思った方は、2~3日前から読み直して
頂けると幸いかと思います(笑

要は適度な大きさの容器の中でブクブクすれば良いだけの話で
上から空気が抜ける構造で、尚且つ酸素が溶解した水が飼育
水側に抜ければ良いだけの話。

だけの話・・・って、まぁとりあえず、ブクブクに使うのはスドーの
S103Hというエアストーン。これを、飼育水中に入れた筒の中で
ブクブクさせる方向で実験開始♪

2009021001.jpg
これが実験風景(笑
パイプの下からエアが出るか出ないかの実験。出てしまっては
これまで以上の水の飛散が見込まれ、悲惨な状態に。ヒサンだけに(失笑
お馬鹿な話はおいといて・・・とりあえずパイプの下側からエアが
出てくる様子は無かったので実験成功として本番に移ります。

2009021002.jpg
使用したのは・・・
・上部フィルターとかに使うパイプ(エアストーンがすっぽり入る事が前提)
・「GEX e~ROKA FP-701」のエアレーション用ジョイント
・「水作 パイプぴたっと」のパイプ(適量)
・エアチューブ(適量)
・キスゴム(僕はテトラの外部フィルターに使うヤツをチョイス。余ってたし。)
・上部フィルターのポンプで揚水した水を濾過槽へ導く吐出口(余ってた。)

とりあえずこんなもん。



2009021003.jpg
まずはe~ROKAのエアレーション用ジョイントに、パイプを挿入します。
ジャストサイズでちょっと堅めだったけど、密着度は最強。



2009021004.jpg
①にエアチューブをセット。



2009021005.jpg
②にエアストーンを取り付けて、エアストーンをパイプに入れる。
この時、エアチューブの長さを適当に調整する。



2009021006.jpg
③に、上部フィルターのポンプで揚水した水を濾過槽へ導く吐出口を
取り付ける。僕は生体侵入防止になるかと思いましたが、ぶっちゃけ
要らないかも(笑
あと、キスゴムも。

実際に動かしたのですが・・・e~ROKAのエアレーション用ジョイントの
エアチューブを入れるところ・・・ここの下側に隔壁がある事から、パイプ内で
発生したエアはここまで上がって来ない事から、パイプ内のエア抜きに
ならず、下側からエアがボコボコ・・・。ヒサンです。



2009021007.jpg
なので、上手くエアが抜ける様な場所に穴をあけます。電動ドリルを
使いましたが、1mmの歯から徐々に穴を広げ、最終的には3.5mmの
穴をあけました。


2009021008.jpg
そしていざ水槽へ♪
パイプ内のエアがきちんと抜け、パイプの下側(上部フィルターの吐出口)
からもエアは出てくる事はなく・・・そしてパイプ内の水位が上下に暴れて
いる事から、パイプ内で水が撹拌→対流する事で水槽内へ酸素を含んだ
水が流れ込んでいると思われます。
つーか、じゃないと困ります。

設置から4時間ほど経過しましたが、エビの様子に変化は無く、とりあえず
成功したのかも知れません。

作成時間30分。全て手持ちのパーツで作成した事から、経費はタダ。

と、凄くステキな物を作った気分に浸りたい気分なのですが・・・
これ・・・ボコボコとうるさいんですけど(笑
まぁ慣れれば気にならなくなるレベルだと思いますが・・・。

エビ投入♪

2009年02月10日 16:36

昨日のBlog、エアレーションがどうとか蘊蓄を語っていた
小生ではありますが、バクテリアの繁殖の為には四の五の
言っていられないって事で、ペットボトルの底を切り取った
なんちゃってバブルストッパーの中でブクブクやっておりました。

1時間ほど経過してからヤマトヌマエビ1匹投入。
パイロットシュリンプ??
特に水質にはうるさいと言われるエビ・・・。エビが大丈夫なら
大丈夫ではなかろうか?という勢いです(笑

投入当初は環境が変わったせいかウロウロと落ち着きが無かった
エビちゃんですが、本日朝一で確認したら・・・

2009021009.jpg

お元気でした。
このミクロソリウム・ウェンディフロフの先っぽのモヤモヤ・・・
流木投入時には全ての葉がモヤモヤしていたのですが、向かって
右側の葉の先を見て貰うと・・・綺麗になっています。

って事で、酸欠にはなっていない様です。
ペットボトルのなんちゃってバブルストッパーは大成功らしいです♪
が、見た目が悪いので作り直します。

懸念事項が無い訳ではないのですが・・・とにかく詳細は次号にて。

エアレーションどうしよう・・・

2009年02月09日 23:45

さて、先日ピュアに行って来た話はしましたが、そこに良い物が
落ちていました・・・。もとい。良い物を頂いて来ました。

2009020910.jpg
Do!aquaの商品カタログです。
水色がカワイイ♪


まぁそれは良いのですが・・・
新しく立ち上げた水槽にエアレーションが無い事に気付きました。
外掛けフィルターを使っているとはいえ、流量が少ない事から
落水時のエアレーション効果が得られているとは思えません。
まぁ外部フィルターみたいに密閉されている訳でもなく、水槽の
水面やらフィルターを通る水の表面は空気に触れている事で
水中に酸素が溶け込むとは思いますが、多分全然足りないと
思われます。
いや、そもそもエアレーションには以前から疑問を抱いていました。
水中への溶存酸素の限界量とはどの位で、それを得るにはどの
位のブクブクが必要なのか?そしてその根拠は?

水流によって水面が波打つだけでエアレーション効果は十分だと
いう意見もあり、水面が波打っている場合にブクブクによる酸素の
強制添加すら疑問に感じます。

つっても、うちの新水槽は水面波打ってませんが・・・OTL

専門知識が必要になる事から深くは調査しておりません。

でね。
せっかくオシャレに運用しようと思っているし、水が飛散しては困る
場所(PC机の目の前の棚)に水槽を設置している事から、水の飛散を
抑えつつエアレーション効果が得られる様にしたいと思う小生です。

そこでTOTTOというメーカーの「バブルストッパー」という商品が
気になるのですが、格好悪いですよね。出来れば海水魚で使う
プロテインスキマーの様に丸い筒でやりたいのですが・・・僕が望む物は
ことごとく売っていません。

いや待て。水草水槽なら水草から酸素が出るだろう・・・と仰る方も
いらっしゃると思いますが、水草は成長過程に於いて、必ず酸素を出すの
でしょうか?ショップでメタハラに照らされている水草なんかは酸素の
気泡をプクプクと放出していますが・・・うちの水草たちは育つだけ育って
はき出す酸素と言えば、葉の表面に気泡が付いている様な感じ。
それだけでも良いのであれば、エアレーションではなくCO2を添加する方が
理に適っているのかな・・・と思ったり。

エアレーション一つ取っても難しいですね。



2009020911.jpg
良く酸素と思われる気泡を身に纏っているのは、このミクロソリウム。
サザエさんが来てからというもの、葉の表面が綺麗な事が多いので助かって
ます。ちなみに、現在も掃除中食事中の様です♪

久しぶりの観葉植物

2009年02月09日 14:08

はてさて・・・どうしたもんか。
先日のBlogにて「連休」と書きましたが、16日まで休みなんです。
嫁は会社。長男は学校。次男は保育園・・・。

幸い今日はどんよりとした曇り空なので、午前中に軽く用事を
済ませて水槽イジったり植物をイジったりしている訳でございます。

そして久しぶりの観葉植物ネタ。いや、つっても、世話をしたから
Blogを書く訳ではなく、まぁ日々必要な世話はしていますよ。
ただ・・・これは書かねば!と思うネタに遭遇してしまいまして・・・。

とりあえずうちの観葉植物たちの近況でも。

2009020904.jpg
うちで最も水の減りが早いガジュマル。沢山飲んでるのかな?
その割には特に代わり映えしないので、なんだかつまらない気持ち
半分、扱いやすい大きさキープで安心する気持ち半分って感じ?

20090209<br />05.jpg
こちらは気付いたら葉っぱだらけになっていたパキラ。
日々の世話はしているとか豪語していた割には剪定はしていない
のがバレバレですが(笑

2009020906.jpg
で、シェフレラ。多分成長しています。

2009020907.jpg
先日とはまた別の新芽が出てきました。
観葉植物は冬は寝る様な事をどこかで読んだ事があるのですが
夏と余り変わらない気がします。

2009020908.jpg
で・・・この青い液体。HYPONEX(ハイポネックス)という液体肥料。
買ってきたボトルはダサいので、自作オリーブオイルとか入れる
ボトルに移してあります。光の影響など無ければ良いのですが。
さて・・・そう、これこそが今回のネタ。観葉植物には500倍に希釈
して投与するのですが、500ccの水に対しては0.25cc?
とても普通に計れる量ではないので、例によって余っている注射器で
計量します・・・すると・・・

2009020909.jpg
こんなんです(笑
決して僕の採血風景ではありませんよ??
しかし水色の綺麗な液体も、注射器に入った途端に毒々しいイメージに
なりますね(笑
これを見たアナタ・・・病院などで注射を打たれる際には、きっとこの
液体を思い出す事でしょう。

とりあえずパキラを剪定しないと・・・。

とりあえず完成♪

2009年02月09日 12:40

毎度お世話になっております。
昨夜のうちにソイルを敷き、フィルターをセットして水を回していた
新規水草(待避)水槽ですが、とりあえず一段落しました。

2009020901.jpg


詳細は後ほど「水草水槽データ」として別記事にて紹介するとして
投入した水草はミクロソリウムと、ミクロソリウム・ウェンディロフの
新芽。これを流木に巻き付けて投入しております。ウェンディロフの
フサフサの周りにモヤモヤした何かが付いているのは気にしない
事にします(笑

水草流木だけでは寂しいので、熱帯魚水槽からイシマキ君を出張
させているので、フサフサのモヤモヤは処理してくれる事と信じて
いますが・・・。

現在午後12:35。ライト点灯で水温23℃。魚を入れられない温度では
ないけど、夜間どこまで水温が低下するかが全く分からないので
「熱帯魚水槽からプリステラを・・・」なんて目論みは保留にしておきます。
それほど温度変化が見られない様なら・・・プリステラと何入れようかな。
そして熱帯魚水槽には何を入れようかな・・・。
ブルーアイ・ラスボラなんか綺麗だよね♪

とりあえず水槽立ち上げ作業も終わり、あとは水が出来るのを待つのみ。

で・・・水草がらみで一つ。
2009020902.jpg
水草密度の高い熱帯魚水槽から、伸びすぎたナナとミクロソリウムを
金魚水槽へ移しました。
カキガラを投入してアルカリ方向に向かっている金魚水槽とはいえ
ナナもミクロソリウムも強い水草なので、問題無いでしょう・・・。
むしろ成長速度が緩やかになって良いのかも(笑

水槽追加♪

2009年02月08日 23:37

実は少し前から考えていた事があり、昨日突如思いついたと
言うか、決心を決めた事があるのです。
増えすぎた水草のストックと、小さな新芽を育てる水槽。まぁ
簡単に言ってしまうと水草水槽です。

それから、熱帯魚水槽が安定し始めた頃、ちょっと自信もついて
きたと言う事もあり・・・ちょっとしたジレンマを感じていた事が
あるんです。
メンテが面倒だと言われるソイルを使う勇気が無い。

って事で水槽を1本買ってしまいました。

2009020801.jpg
コトブキのクリスタルキューブ200
20×20×20 水量約7リットルのキューブ水槽です♪
実はDo!aquaのプラントグラスにしようと思っていたのですが
きちんと採寸された物ではない物だったので、止めました。

2009020802.jpg
ちなみに中身は・・・水槽とふたとふた受けと水槽の下に敷く
マット。必要最小限で気持ちが良いですね。

2009020803.jpg
とりあえず余っている、ニッソーのフラットフィルターSサイズを
セットして使う予定です。暖かくなったら少しだけ生体も入れようと
思っているので、濾材はスドーのスティック濾材を入れてます。

で・・・鬼門だったソイルを敷き、水を張ってフィルターを回して
本日の作業は終了です。
とりあえずはミクロソリウムの新芽でも育ててみます。

かっこいいライトでもセットしたいのですが、最近湯水のように
お金を使っているので、ちょっと我慢で余っている物で構成して
行こうと思います。

ところで・・・最近海水魚飼育について色々と勉強しています。
今すぐに飼育するって訳ではありませんが、ゆくゆくは海水魚を
買いたいと思っていまして・・・。
今日の買い物はホームグラウンドであるアクアステーション・ピュア。
30cmオーバーフロー水槽なんて物がディスプレイされていました。
凄く萌えます・・・。

60cm金魚水槽に新たな試み♪

2009年02月08日 00:26

先日仕様変更を表明した60cm金魚水槽。
底砂を敷かない事で物理濾過は日々のピペット作業にて行う
事とした事から、設置しているフィルターに物理濾過能力は
それほど要らなくなりました。

って事で今日の買い物。
2009020701.jpg
・Tetra P-1フィルター
・かきがら

Tetra P-1フィルター。バクテリア定着にも定評があり、更に
肌理の細かいスポンジにより、フィルター内への異物侵入が
防止できる訳で・・・。

って事で、リセット後の立ち上げからまだ日が経っていなく
白濁が出てきたので、メンテしました。
まず驚いたのが、底砂が無い事での掃除の簡単さ。排水時に
汚れ(異物)を一掃出来るのが気持ち良いですね。

そしてフィルターメンテ。
サブフィルターにはエーハイム粗目パッドを2枚。うちの物理濾過は
P-1フィルターと、この粗目パッド2枚のみ。その上にリング濾材を。
そしてメインフィルターは・・・
再下段にスティック濾材。
中段にかきがら。
上段に活性炭等の吸着関係。
終わってから気付きましたが、サブの粗目パッド要らなかった。
そしてかきがらはサブに入れれば良かった・・・。
粗目パッドを抜く事で濾材スペースに空きが出ます・・・。
何入れよう・・・なんて贅沢な悩みに苛まれておりまする。

今回最も楽しみなのは、かきがらの効果。「金魚と言えばかきがら」。
色々なサイト様を拝見しましたが、結構どころか凄く評判が良いですよね。
以前から試してみたかったのですが、弱酸を好む種が居たりでなかなか
試す事ができず・・・その内フィルターに空きが無くなり・・・で、やっと
試す事が出来ます♪

今後の経過が楽しみです。

30cm熱帯魚水槽メンテ

2009年02月07日 01:58

さて・・・今日は30cm熱帯魚水槽。
特に水が汚れたとか、臭いがするとか・・・そんなんじゃないけど
黒いキスゴムに白い物が付き始めヒーターも茶色くなってきたので
ちょいと水替えも兼ねてメンテしました。

見た目は特に水槽内は特に汚れていなかったのですが、フィルターを
1ヶ月半も掃除していなかったので、まずはフィルターから・・・。
ちなみに、フィルターの流量が落ちていた訳ではありません。

が、しかし・・・
開けてびっくりです。茶色いのが沢山溜まっていました。サブスト系を
使っていれば流量が落ちていたかも・・・と思うほど。
って事でリング濾材を軽く濯いで、パイプやらその他諸々掃除して・・・
やっぱり1時間ほど掛かります。
まぁ楽しむ分には長すぎず短すぎずといった感じで、個人的には凄く
リラックス出来るステキな時間かと♪


2009020601.jpg
で・・・こんな感じ。先にも書きましたが、見た目は何も変わっていません(笑
2008101203.jpg
ただ・・・この写真は10月12日の写真なのですが・・・この写真と現在の
写真を比較すると、水草の密度が劇的に増していますね。
多分ですが、外掛けに入れて回しているソイルが効いているのかと
思います。


2009020602.jpg
そして今日のプリステラ。
ちょいとメタボ??10月に10匹袋詰めの特売品として売られていたのを
買ってきて飼育を始めたのですが、袋売りだったにも関わらず未だに1匹も
落ちていないどころか、みんなすこぶる元気です。


ついでなので、この30cm熱帯魚水槽の横に置いている観葉植物でも。
昨年の暮れから育てているシェフレラ。先日新芽が出たという記事を
書きましたが、その新芽が順調に育っています。
2009030603.jpg
特に大事に大事に育てている訳ではなく、たまにハイドロコーンがカラカラに
乾いちゃっている事もありますが、シェフレラ、ガジュマル、パキラ共に元気に
過ごしております。
たまには日光に当ててあげないと・・・と思った33歳の夜(笑

ちなみに12時間勤務の仕事明け。仕事の疲れも趣味の前では余り辛さも
感じず・・・。

ただ・・・うちの業界は不景気で、明日から16日まで連休です(笑
育休だったカミさんも月曜から仕事に復帰するし、息子たちは学校やら
保育園やら・・・
連休なのに僕一人・・・
寂しい気もしますが、趣味にどっぷり浸かり、有意義に過ごす事にします♪

60cm金魚水槽の方針決定?

2009年02月06日 00:27

白点病騒動もすっかり終演し、平和が戻ったミズ吉(♂)家の金魚水槽。
とりあえず底砂は敷かない方向で。
ただ、もう一つ迷っているのが水作エイト。撤去すべきか否か・・・。
外部フィルターには既にバクテリアが繁殖していると思いますし
水槽底面のフンたちはピペットで処理すれば良い。まぁ水作に
フンが吸い寄せられているというメリットはありますが、水槽の
景観を損ねるというデメリットに勝るかと言われると、絶対にそんな
事はない。

って事で水作エイトも撤去する事にしました。

そして大幅に削減した水草。こちらも新規購入はせず、今活着している少量の
ミクロソリウムをちまちまと育てて参ります(って、実は結構燃えてたりします)。
そして30cm熱帯魚水槽で増えたアヌビス・ナナを追加していく感じですかね。

結局今の状態と余り変わらない気がします。

そうそう。TetraのRG-60って水槽。一般的な60cm規格水槽よりも高さがある
事から、外部フィルターのストレーナーがかなり上の方に・・・と言うか、水槽底面
からストレーナーまでのクリアランスが広がりました。
って事はフンを吸う量も減ると思われるので、サブフィルターの濾材も物理メイン
から生物寄りに変更しようかな・・・っと目論んでおります。
しかしこればっかりは次回のフィルターメンテをしてみないと、何とも言えませんね。

という事で、清潔第一で行く事にしました。

その分、熱帯魚水槽に凝ろうかと(笑