レタス通信 - Aquarium+α
FC2ブログ

レタス通信

2008年05月10日 23:23

さて・・・
お久しぶりのレタス通信ですが、面白い結果が出ました。

こちらは水耕栽培。
2008051001.jpg


2008051002.jpg

紙のポットに土を入れ、種をまき、それを種まきポットに入れて、水を張ったトレーに
入れた物。普通水耕栽培だと、水耕栽培用の土を使うのでしょうが、僕が使っているのは
普通のバーミキュライト。ちょっと違うと言えば、液体肥料を与えている事。つっても
こちらも水耕栽培用のものではなく、普通に土栽培に使用する物ですが(笑
こちらの管理は、空いているポットから水位を確認して、ポット内に水が無い様なら水を足す。
2週間に1回程度でしょうか。気づいた時に液体肥料を入れてあげる程度でOK。

で、こちらは上の水耕栽培と同期のプランター。
2008051003.jpg

途中までは上の水耕栽培で育てていた物ですが、育って来たのでプランターで土栽培に
移行したのですが・・・

成長率が全然違います。水耕栽培の方が断然成長します。
水耕栽培の時に育ちの良かった株をプランターに移したのに・・・今となっては水耕栽培の方が
大きくなっている始末。土栽培を否定する訳ではありませんが、水耕栽培・・・恐るべし。
ちなみにプランターは毎日水をあげています。

さて、こちらは既に収穫している植木鉢。
2008051004.jpg

これでも収穫しているのですが、どんどん増えます(笑
ちなみに、同じレベルに成長しているのがもう一鉢ありますので、当分レタスには不自由
しません。

ただ・・・気になる事が・・・。
この種は「レッドウエーブ」という、赤く色づく種類なのですが、サラダ菜の様な姿です。
ま、美味しいからどっちでも良いんですけどね(笑


コメント

  1. 涼子 | URL | mqI3yPOk

    本当に面白い結果ですね(゜o゜)!!
    水耕栽培の方が成長率が良いということは、やはり水の量がポイントなのでしょうか??

    野菜の自給自足、素敵ですね~^^♪
    私も何か育ててみようかな…

  2. ミズ吉 | URL | -

    >>涼子さん

    植物の栽培に必要なのは土ではなく水なんです。
    土は水分をキープさせる為と、植物を固定というか
    安定させる為の物らしいんです。

    水耕栽培は根が常に水に浸っている状態であれば
    量は関係ない様です。ただ・・・僕みたいに土を水に
    浸していると、細菌感染等が懸念されますので
    やはり水耕栽培には水耕栽培用の土を用いるのが
    正解かと。

    野菜だと育てる楽しみと収穫する楽しみがあって
    なかなか楽しいですよ♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://homenature.blog15.fc2.com/tb.php/105-51b0caba
この記事へのトラックバック