【Marine】 SA-2011 - Aquarium+α
FC2ブログ

【Marine】 SA-2011

2010年09月17日 22:00

ども。

お久しぶりです。まぁ色々あって、色々とグレードアップしています。
その内の一つが、先日記事に掲載したナイスな写真の理由。
デジカメ買いました。しかも一眼です。
2010091701.jpg
CANONのEOS KISS X2 ダブルズームキットなる物です。

X4が出てしまった現在、2世代前のモデルとなるわけですが
型落ちという事もあり、安価で手に入ったのはラッキーでして
光学系の世界もちょっとカジってみようかと思う次第で御座います。

ただ、今日の本題はそんな事ではありません。
うちの海水水槽ですが、プロテインスキマーを変更しました。
2010091702.jpg

ベルリンエアリフト90(中抜きで60仕様で使用)から、SA-2011へ。
ベルリンエアリフトでも十分に効き目が有ったのですが、ウッドストーンの
目詰まりの速さに業を煮やして、ベンチュリー式のSA-2011へ変更です。
コケが出て来たと思ったら、スキマー止まってた・・・ってのが本当の理由かな。
スキマーって効くんだね。

SA-2011の適合水槽は250Lまで。対応ポンプは1140L/H。
100L未満なうちの水槽には、かなりのオーバースペック。

ただ・・・これってトゲトゲインペラーで攪拌する訳じゃないのね??

これを、RIO+1100でドライブしようとセットしたのですが、規定の水位で
セットするも、泡が上がってこない。泡も少ない気がする。
ちなみに、RIO+1100の流量は・・・23L/min=1380L/h
対応ポンプよりも流量はある。
SA-2011は、ポンプからの給水パイプにエアインテークが生えていて
自然吸気しているのだが、エアインテークにエアポンプを繋いで強制的に
エアを送り込んではどうか・・・?
とも思ったのですが、エアインテーク管が中途半端に太く、エアポンプとの
ドッキングを断念(やろうと思えば出来たのだが、やろうと思わなかっただけ)。

ネットで諸先輩方の知恵を検索してみると、RIO+1400でドライブしている方が
結構いらっしゃる。そして、十中八九水位は水位線ではなく、くびれの辺りまで
上げないとダメとのアドバイスがありますね。

とりあえず、RIO+1100のまま、水位をくびれ辺りまで上げて様子をみたのですが
見ている分には泡が上がってくる様子は無い。
って事で、RIO+1400に変更する予定で一旦様子を見るのですが、次の日になったら
カップのフタに黄色い泡が!ほんで、カップにも少量の黄色い液体が!
何だかよさげな感じですが、泡が続かない・・・。

ってんで、次の日に目出度くRIO+1400へ変更したわけです。
RIO+1400の流量は・・・25L/min=1500L/h
流量が増した事で、泡の量も若干増えた気がする。いや、確実にスキマー内部の
泡の密度が増している。白さが違う(笑
ただ、泡が上がってくる勢いは感じられず、これまた様子見。

とりあえず現在の水位はこんくらい。
2010091703.jpg

常識から考えれば高すぎだろうと思いますが、プロテインスキマーなんて
泡を上げてナンボ。セオリー通りの水位を守ったとして、きちんとスキミング
出来なければ何の意味もない。
プロテインスキマーは水位を守る事が大事なのか?きちんと汚水をカップに
納める事が大事なのか?考えれば答えは明白。
流量が増したところに、エアを強制導入してはどうだろうか??やっぱNAよりも
ターボじゃん? と如何わしい事を画策しつつ、夜勤サイクルに突入しちゃったので
続きはまた今度ね。

水位を上げずに泡をモリモリさせるには・・・ってのが課題ですね。

ちなみに、ベルリンエアリフト90はオークション行きとなります。
今ならウッドストーン2個付きですぜ、ダンナ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://homenature.blog15.fc2.com/tb.php/517-854b1052
    この記事へのトラックバック