淡水は・・・ - Aquarium+α
FC2ブログ

淡水は・・・

2011年12月26日 09:47

2011122602.jpg

さて・・・連投。

まぁ【Marine】の追伸的な記述でも良さそうなネタではありますが・・・

一応、過去ログでは、バリスネリアやらハイグロを植えた事は分かりますが
その後アクアテラリウムに憧れ着手するも、圧倒的な水量不足に気づき、辞退。

その後は、適当にアヌビアス・ナナを流木に活着させている現状です。

先の記事でも書きましたが、うちの水槽に生体を増やさない理由の一つでも
あったスマトラが落ちました。厄介者とは言ったものの、それこそ稚魚とも言える
サイズの頃から4年も掛けて立派に育てた個体が落ちるのは、ちょっと悲しいです。

なので、淡水魚の中でも、僕が最も好きな魚であるラスボラを飼う事にしたのですが
結局エスペイとヘテロモルファをチョイス。本当はエスペイだけにしたかったのですが
エスペイ在庫不足にて・・・。

購入当時は色が薄かったのですが、今ではメタリックオレンジに色づいた個体が
増えてきています。
うん、良い兆候だ。

淡水水槽は、実はメンテらしいメンテは余り行っておりません。と言うのも、現在は
Do!aqua 30CUBEに、GEXの簡単らくらくLサイズ。
PHのSOFTを満載し、物理ろ過として目の細かいストレーナースポンジ仕様。
流量が落ちたらストレーナースポンジを交換する程度の運用で、3ヶ月以上換水なし。
足し水のみで無問題です。
レイアウト変更したり・・・しなければ、基本的に換水しませんし(笑

ただ・・・たまにですが、pHだけは測定しています。
ま、変動はありませんが。
と書きますが、これって結構凄い事ですよね。
濾過が進めば、濾過の最終形態である硝酸塩が蓄積され、理論的にはpHは下がる
傾向が見られるかと思いますが、給餌に気を使っている訳でもないのに、pHは変動
しないんですよ。

勿論コケも発生しておりません。
まぁ、こちらは太陽光を完全にシャットアウトしているというのも一因しているかと
思いますが・・・。

と言う様に、淡水水槽はとても手間要らずな水槽になりました。
長年の経験が実を結んだのか・・・
あれこれ手を加えず、程々にしているのが良いのか・・・

そんな淡水水槽の住人は
・ラスボラ・エスペイ×3
・ラスボラ・ヘテロモルファ×3
・プリステラ×3
・Co.カネイ×2
・Co.レウコメラス(パンク)×2
・Co.シュワルツィ×2
・Co.レティキュラートゥス×1
・タイガープレコ×1
・カラーサザエイシマキガイ×

な感じです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://homenature.blog15.fc2.com/tb.php/541-bbc513a1
    この記事へのトラックバック