塩水浴4日経過・・・全快ですかね♪ - Aquarium+α
FC2ブログ

塩水浴4日経過・・・全快ですかね♪

2008年03月29日 02:26

今日は写真がありません・・・。
昨日でもう殆ど全快だと思い、普通にエサを与えていたのですが、きちんと
フンも出してくれていますし、何より活性が良いのでもう大丈夫かな・・・と。

本水槽に帰還しても良いのですが・・・流石に仕事明け。帰還だけしても
その後の観察というか様子の確認が出来そうにないので、本日は見合わせる
事にしました。まぁ寝て起きれば土曜日なので、ゆっくり・・・と思っているのですが
明日は息子の誕生日・・・。出かける予定もあり・・・。にしても深夜1時半から
始めるよりはマシかと(笑

ま、今日の様子の写真も無い事だし、今回の塩水浴のまとめでも。今後の為に・・・。

使用水槽:GEXアクアe~シーン 30cm(白)
フィルター:GEX簡単らくらくパワーフィルターSサイズに純正濾材
底材、アクセサリー等無し。エアレーション無し(フィルターからの落水で十分効果あり)
けがの場所:背びれと背びれの付け根。

1日目
 2008032402.jpg

 水槽にカルキ抜きした水を入れ、フィルターをセットして対象個体隔離。
 60gの食塩をコーヒーの濾過紙に入れ、フィルターに投入。0.5%塩水浴開始。
 開始時の水温は23℃だが、小型水槽の為、変動あり(余り気にしていない)
 絶食。
 効果は特に見られず・・・。逆に本水槽に居た頃よりも活性がギザ悪す。
 殆ど動かないが、エラの動きで生存確認。
 塩水への水質変化のせい?0.5%は濃い?
 
2日目
2008032501.jpg

 塩水浴中の水槽の水と、対象個体をビニール袋に入れ、全換水。
 全換水すべきか否かは正直迷った。昨日0.5%の塩水浴開始とともに飼育環境に
 大きく変化を与えた次の日なだけに、また水質(塩分濃度)を変えては、対象個体に
 与えるストレスは大きいのではなかろうか・・・と。
 しかし活性の悪さが「0.5%」だとしたら・・・と考えると、背に腹は代えられない思い。
 まぁ真水に戻す訳でも無いし、塩水による消毒、殺菌は継続されるので、全換水を
 決行。今回の塩分濃度は0.3%。
 活性は1日目と殆ど変わらず・・・。たまに力なくヒラヒラ泳ぐ程度。
 固体の状態も変化なし。
 絶食。

3日目
2008032601.jpg

 1日目、2日目に比べると、ひれの赤みがかなり回復。しかし完全ではないので
 塩水浴は継続。
 活性も上がり、ちょこちょこ動いています。
 換水は無し。
 絶食。

4日目
 2008032701.jpg

 背びれの赤みは完全に無くなり、活性も良いので、朝から少しエサを与えてみた。
 がっつく・・・。
 会社から帰宅後、フンあり。大丈夫そうなので、通常量のエサをあげた。完食(笑
 全快と言っても良い状態だけど・・・だからと言っておいそれと本水槽に戻すのは
 危険な香りがするし、塩水浴継続。時間も無かったし・・・ね。

5日目
 状態は4日目と変わらず。4日目が全快の状態なので当たり前。そして元気♪
 しかしながら、やはり時間が無く塩水浴継続。はやく本水槽に戻したい気持ちは
 山々なのですが、水合わせはいつもより時間を掛けてじっくりやりたかったので
 致し方無い。まぁ塩水浴が害になる訳でもないので、良しとする。
 流石に水の汚れが見えてきた・・・。

総称
 ネットでけがや病気を調べると、お勧めの薬剤などを紹介されているサイト様が
 殆どですが、その中で塩水浴のみで完治させた事で、僕の経験値を上げる事が
 出来、自信を持つ事が出来た。
 元気が無くても、金魚の生命力を信じて手を出しすぎなかった事も、成功の要因
 ではないかと思う。
 今後の対策としては、殆どザルのパワーフィルターとは別の濾過装置が必要に
 思えた。トータルで見て、水作あたりが良さそうなのだが、あまりブクブクやって
 水中に必要以上の水流と振動を作りたくない。
 水作エイトドライブとか、スペースパワーフィットあたりが妥当かな・・・。
 あと、ヒーターは入れた方が良いのかな・・・と思った。
 とにかく、今の僕のシステムで作る環境では、塩水浴中の金魚に対しての
 ストレスが少ないとは言い難い。ストレスは出来るだけ取り除いてやりたいですね。

なんだかんだで長文になってしましましたが、いよいよ明日、本水槽に帰還予定です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://homenature.blog15.fc2.com/tb.php/58-24d927cd
    この記事へのトラックバック