【チャリ】 新たな刺客も軽く去なす。 - Aquarium+α
FC2ブログ

【チャリ】 新たな刺客も軽く去なす。

2014年06月07日 01:31

ダラダラとチャリネタの長文ばかりを書いていると、FBに通知するの
止めようかななんて思ってしまう。けど、まぁ興味が無ければスルー
して、興味がありそうなタイトルだったら読めば良いと、相変わらず
無愛想な管理人です。

さて。先日の記事にてBianchiのROMA2を諦めてFELTのQX65を
買う様な事を言っていましたが、やっぱりどうしても気になっている
車種があります。

GIANT ESCAPE RX4
RX4.jpg
BianchiのROMA2と似たような感じで、ロード寄りです。しかもこちらは
フレームがかなり良いらしく、コンポーネントをきちんとした物に帰れば
下手なロードよりも良くなるとかならないとか。
実際、ノーマル状態でも速いらしいです。

ちょっと惹かれるモデルではありますが、うん・・・というか、ちょっとしか
惹かれないんですよね。惹かれる箇所は、スピード出す為の素性の良さ。
素性の良さと言っても、ネットのレビューを読んだだけで実際に自分で
体感した訳ではないので、余り大きい事は言えません。
でも、人のRX4に乗ったら欲しくなった的な記事も読みますので、やっぱ
素性は良いのだと思います。素行の悪い僕が憧れる訳ですよね(笑

でもさ。何かつまらないよね。フレーム形状は普通だし、ブルメタってのも
嫌いではないけど、子供っぽい気もするし・・・。黄色いパーツ付けたら
映えるんだろうな・・・なんて思いつつも、やっぱ個性的なデザインの方が
好き。
とは言っても、速さはやっぱり魅力です。

そして改めてQX65。
QX65.jpg
じゃ、お前の「格好良い」って何だよ!って話ですが・・・
まずスローピング。
 トップチューブ(一番上のハンドルとサドルを繋いでいる様なフレーム)の
 傾き具合が、RX4は急過ぎる。QX65の方が水平に近い。
 でも完全水平なホリゾンタルは、余り好きじゃない。クラシカルな感じで
 嫌いでは無いんだけど、僕はメインとしての選択肢は無いです。
そしてダウンチューブ。
 QX65は若干曲がっている所が個性的で好き。
 真っ直ぐだとロードっぽくて速そうな感じで好きだし、曲がっているとMTB
 っぽくてアグレッシブな感じで好きだし・・・。
 あの子は綺麗で好きだし、この子は可愛くて好きだし・・・。
 悪い箇所より、良い箇所を見つけられる人間になりたいと思っていますが
 ただの優柔不断クンだったりする。

 とは言え、機能よりも個性を選ぶ僕は、やっぱりQX65を選ぶのだと思います。
 何度か同じセリフを吐いていますが・・・
 「だったらロード買えよ!」って話ですよね。いや、ロードが嫌いな訳では
 ありません。むしろ欲しいとすら思っています。ローディ(ロード乗り)が嫌いな
 訳でもありませんが、嫌いな人種にはロード乗りが多いです(笑

さて。
余計な一言も出た事で。
前の記事で7×3の21速でもどうにかなるだろうと書きましたが、実はここが
凄く不安な箇所でして。正直言って「どうにかなる」に根拠がある訳では
ありません。ただ、「弘法筆を選ばず」という言葉は凄く好きな言葉です。
スポーツとして何か目標を持って走っているのであれば、より良い機材を
使う事でアドバンテージを得られる事は分かります。否定はしません。
ただそれだけが唯一の正解みたいに言うのは納得できません。
また、何かを貶す事で自分が正当化された気分になっているのも嫌です。
そんな深層心理があるから、本能的にMTB寄りなクロスを選んでいるのかも
しれません。

あーあ。値段にして5000円も違わないのに、これ、QX65買う勢いだよ。
自転車の効率からして、それは間違いな選択である事は十中八九当たり
ですが、効率を選択した時点で僕のスタイル負けです。
我ながらまだまだガキだと思いますが、劣っていると知っていながらも
自分のスタイルを捨ててまで獲得出来る物はRX4には無いと思う。

やっぱQX65かな。
※って、決意を表しておかないと、ブレちゃいそうです(笑

RX4を買ったとして「やっぱQX65にしておけば良かった」という後悔と
QX-56を買って「やっぱRX4にしておけば良かった」という後悔では
多分前者の方が大きい気がする。

自分を信じろ。そして自分で決めろ。そうする事でその選択に責任を持て。 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://homenature.blog15.fc2.com/tb.php/600-647ccf14
    この記事へのトラックバック